除去方法の流れ

タトゥー除去の具体的な方法とは

肌に傷をつけて専用の色素を入れることでできるタトゥーですが、一度入れてしまうと一生それが残ってしまうのが特徴です。ただ、中には数年たって世間体や見た目の問題からタトゥー除去したいという人もいます。 そんな人が利用することになるのが美容皮膚科で行われているタトゥー除去処置です。この処置は各クリニックによって差があるのですが、一般的には施されたタトゥーの大きさやカラーによって変わってきます。 小さなものであればレーザー治療が行われますが、大きいものであったりカラーが混ざっているものであればその部分の皮膚を切り取ったり、皮膚を移植してタトゥーを除去していくことになります。一見、難しそうな治療のように思うかもしれませんが、それ専門の医師が手術や治療を行うので心配はいりません。

より体の負担が少ない方法

美容皮膚科で行われているタトゥー除去の方法でも特に体への負担が少ないと注目されているのが、肌の表面だけを削ってタトゥーを消していく方法です。この方法はミクロ単位で肌の表面を削っていくので必要以上に体に負担をかけることがありません。しかも手術のようにメスで肌を切るというわけではないので傷跡も残らず、術後の経過も比較的安定しやすいのです。 この方法は全国の美容皮膚科の中でも行っているところがあまり多くはないので、気になる人はまず近くにある美容皮膚科のタトゥー除去の手法をしっかりチェックしておきましょう。もしかするとクリニックや医師によってはこの方法で治療を受けられない場合もあるので注意が必要になってきます。